ホームへ戻るご利用方法 見積依頼 総合相談局 探偵社一覧リンク
     
ココセコム
 
空き巣の進入経路は無締りの玄関、勝手口が33%です。
マンションの上層部にお住まいの方は特に無締りにする傾向があります。
マンションなどのオートロックや高層階などを過信せずに少しの間と思っても、外出時、就寝時には必ず施錠しましょう。
特に一戸建ての方は死角が多い勝手口のドアの施錠も、おろそかにしない事です。
トイレや浴室の窓も必ず施錠して下さい。人が頭さえ入れば、小窓でも侵入できます。
玄関ドアに比べて勝手口は防犯に対する配慮がおろそかになりがちです。
 
留守と分からない工夫をしましょう。夕方以降も洗濯物を干したままだと留守だとわかります。帰宅が遅い時には室内に干しましょう。
長期に留守をする場合には、新聞・郵便物・宅配牛乳などの配達を止めて下さい。
郵便受けの溜まり具合で長期の留守と気付かれます。
部屋の電気やテレビ、ラジオをつけっぱなしにしておくのも有効です。
また普段から隣近所の方とお付き合いをしましょう。最近の空き巣は下見をして犯行に及びます。日頃から御近所付き合いをしていると、不審な人物が家の周りをうろうろしていると注意をしてくれるなど気にかけてくれます。
 
空き巣の8割が、侵入時に10分かかると退散すると言われています。
窓ガラスに防犯フィルターを貼ったり、防犯ガラスに交換すると窓ガラスは割れにくくなり、侵入に時間がかかり有効です。
補助鍵をつければ、さらに侵入に時間がかかります。
また防犯ベルやセンサーライト、振動センサーを窓に取り付けると、空き巣を威嚇し侵入を妨げます。
センサーライトを駐車場やベランダに取り付けるのも効果的でしょう。
 

窓ガラス同様、防犯ベルやセンサーライトを取り付ける事をお勧めします。
防犯グッズなどは、空き巣から見えやすいところに設置した方が良いでしょう。
鍵を2重にするもの効果的です。もし大家さんの許可が取れなければ、鍵のダミーを付けて鍵に見せかけて下さい。
またピッキングが難しい鍵に取り替えた方が良いでしょう。最近はカード式や指紋照合の鍵など色々ピッキング対策用の鍵が販売されています。

 
 
火事、ガス漏れ、泥棒、非常、救急等の異常を、24時間365日休みなく見守るセキュリティシステム。万一の際には安全のプロが駆けつけるので安心です。
 

・音が鳴るだけの警報機ではありません。
・必要に応じて110番・119番へ通報。
 予めお客様ご指定の「緊急連絡先」へも連絡します。
・セット中には、窓閉め忘れを音声とランプでお知らせします。
・異常発生時には、外壁の「フラッシュライト」が点滅し、外部に異常を知らせます。
・見やすくて大きな操作ボタンですので、お子様からお年寄りまで簡単に操作出来ます。
・万一の場合、盗難保険と災害見舞金制度が付いていますのでさらに安心です。

 
 
 
Copyright © 2002-2007 Watson Rating. All rights reserved.